なーのちゃんです
なーのちゃんです
なーのちゃんは、信濃毎日新聞社の新しいキャラクター。
県内の山岳地帯にいる小動物、オコジョがモデルで、「信州の森に住む妖精」です。
好奇心が旺盛で、新聞が大好き。ふだんは両親と何人かのきょうだい、友だちと森の中で暮らしています。
誕生日は、信濃毎日新聞の創刊と同じ七月五日。性別や年齢は「秘密」です。
「なーの」という名前は「しなの」の「なの」から発想されたようです。
読者の皆さんと信毎の交流を深める役割を担っていきます。よろしくお願いします。

なーのちゃん号のひみつ
なーのちゃん号がやってきた
 「なーのちゃん号」は、そんななーのちゃんを車体に描いた多目的広報車です。二十九人乗りマイクロバスを改造しました。大型印刷機を載せており、 イベント会場やスポーツ大会、事件・災害の現場に出かけ、イベント新聞や現地号外を発行します。
本社で作った電子版号外を携帯電話回線で受信して印刷することもでき、車から離れた場所で撮影した写真を無線で瞬時に車内のパソコンに転送、本社に送信するシステムも搭載しています。
なーのちゃん号がやってきた

 屋根の上にはソーラーパネルが四枚あり、太陽光を受けて発電し車内の大型バッテリーに蓄電。パソコンや大型印刷機、照明など、車内の電力を賄います。

なーのちゃん号がやってきた
 信濃毎日新聞は、一八七三(明治六)年に創刊しました。 それにちなみ、なーのちゃん号のナンバーも「1873」です。

専売所ホームへこのページのトップへ