サンコー会長

田村 富男


略歴

1923年(大正12年)7月16日茅野市宮川新井に生れる
1938年(昭和13年)東京品川区第一日野小学校高等科卒業
1942年(昭和18年)航空兵として徴兵従軍
1950年(昭和25年)東京墨田区向島 田村鉄工所
            玩具金型製造独立個人創業する
1954年(昭和29年)諏訪市清水町で株式会社三光製作所を
            兄弟三人で創業
            専務取締役工場長就任
1963年(昭和38年)岡谷市明神町で株式会社サンコー創業
            代表取締役社長就任
            資本金1600万円 社員23人
1984年(昭和59年)本社を塩尻に移転
            サンコーの株式を東京店頭市場に公開             資本金6億円 社員500人
1999年(平成11年)サンコー株式会社を東証二部市場に上場             会長に就任 資本金37億円 社員850人
1991年(平成 3年)写真集“燕岳と安曇野”距p美社より出版
            新宿コニカプラザIにて写真展開催
            渇克R荘相談役
2001年(平成13年)サンコー会長職を引退

目次

茅野の農家に出生    父が海苔屋を支援 一切を失う
おやつ代稼ぎ    兄と競争で食堂客のお遣い
住み込みで小僧    基礎学ぶ間もなく小学校を中退
父の死    小学校夜間部で勉強を再開
子供だけの生活    母も他界 懸命に働き使う側に
徴兵検査に合格    古参兵の制裁と訓練に耐える
終戦    きょうだいの消息もとめ諏訪へ
農家の手伝い    住み込みの重労働 収穫に喜び
下肥汲み    牛車借り、他の農家とも契約
10上京    「このままで終わらない」決意
11独立目指して    倹約し、やっと建てた自分の家
12結婚    背広調達できず弟から借りて
13諏訪で新事業    兄と弟3人 意見の対立も
14株に目覚める    パチンコと囲碁に熱中した跡
15サンコー設立    岡谷工場を買い取り独り立ち
16財務健全化    資金繰りに2つの鉄則決める
17労使協調体制    昇給・賞与の明確化で関係修復
18株式公開    部下も会社も育て 自身も成長
19二部上場    「企業の成長早める」信念抱き
20第一線を退く    下田で海釣り―衰えぬ闘争心


「私の半生」は、「タウン情報」に掲載されたもの。聞き書き・佐藤文子氏

ホームへ戻る | 本文へ