元衆議院議員

小沢貞孝


略歴

1916年(大正 5年)松本市生れ
1934年(昭和 9年)松本中学校(現松本深志高校)卒業
1938年(昭和13年)長野工業第二部機械科卒業
1938年(昭和13年)昭和電工(株)に入社
1951-58年(26-33年)長野県議会議員
1958-90年(33-平成2年)衆議院議員 在職19年9カ月
1980年(昭和55年)沖縄および北方問題特別委員会委員長
1990年(平成2年)勲二等旭日重光章
1994年(平成6年)民社党解党

目次

笹賀小学校   授業中も頭の中は野球ばかり
松本中学校進学 月謝に苦労 質屋へ通った母
召集 大陸へ  ただ命令のまま動く、心細さ
軍需工場勤務  敗色濃く・・・血書で増産鼓舞
結婚−敗戦   空腹と闘い肥料工場へ再建
県議初当選   メガホン片手に自転車遊説
中国初訪問   心打つ国民の姿 国交回復願い
笹賀有志会   向坂先生の教え、農民運動へ
初の衆院選   無所属で出馬 激しい挑戦受け
10 初当選 喜びと反省  寂しい無所属−社会党復党
11 民社党に参加  安保後の世論に乗れず落選
12 当選重ねた末に 有賀氏とコンビ 県連黄金時代
13 北方領土に熱意 思わぬ特別委員長 にわか勉強
14 県議選候補選び 有望な女性名乗りでたが・・・
15 政界から引退  人の目気にせず−解放感と報恩


「私の半生」は、「タウン情報」に掲載されたもの。聞き書き・佐藤文子氏

ホームへ戻る |  本文へ