元塩尻市長

小野光洪


略歴

1920年(大正 9年)7月28日生まれる
1937年(昭和12年)松本中学卒業
1942年(昭和17年)早稲田大学専門部商科卒業
松本50連隊入隊
1946年(昭和21年)復員
1959〜78年(昭和34〜53年)塩尻市議会議員
1978〜90年(昭和53〜平成2年)塩尻市市長
1985年(昭和60年)黄綬褒章受賞
1991年(平成3年)勲三等瑞宝章受賞

目次

小野神社に縁  「福住の坊」もっぱら兵隊ごっこ
松本中に進学   上下関係厳しい自治寮に閉口
戦時の学生生活  繰り上げ卒業で入隊 父も試練
水上特攻隊の命令 出撃控え中隊長の人間味に
敗戦と父の死   祈り空しく戦友の便りで知る
敗戦1年後の帰国 会社継ぎ軌道に・・・突然弟の死
結婚・・・初の選挙夢中で活動 新生塩尻市議員に
初の共産党市長  議長として市会運営に戸惑い
会社経営の安定  飼料向け硫酸マンガンに着手
10 市長初当選    初仕事「塩嶺トンネル工事再開」
11 中央道工事の停滞 住民と県会の板挟み 妻の支え
12 ベスト尽くして  対話と参加「ふるさとづくり」


「私の半生」は、「タウン情報」に掲載されたもの。聞き書き・佐藤文子氏

ホームへ戻る |  本文へ