前 松商学園短大学長

松崎 一


略歴

1917年(大正 6年)更級郡稲荷山町(現更埴市)に生まれる
1924年( 13年)稲荷山小学校入学
1935年(昭和10年)旧制松本高等学校入学
1938年(昭和13年)東京帝国大学理学部物理学科入学
1942年(昭和17年)松本高等学校講師嘱託
同校教授任官
1950年(昭和25年)信州大学文理学部助教授に就任
1978年(昭和53年)同大学教養部部長に就任
1983年(昭和58年)同大学退官 その間同大学図書館長、教養部長を歴任
同年 松商学園短期大学学長就任
1993年(平成5年)同大学退職
現在に至る

目次

大所帯で育つ  手伝いで一銭 ためて本買う
屋代中学へ進学 先生たちに恵まれ 成績は優秀
旧制松高時代  都会に映った松本 下宿で猛勉強
東大合格し上京 6人2部屋の叔父の家に居候
下宿生活    居心地いい家 卒業まで世話に
松高教師に就任 入隊ならず 帰郷早々赴任先へ
見合い・結婚   野次馬でにぎわいの新生活
北 杜夫     打てば響く 滅法楽しい学生
信大発足    行き違いあり 学長空席のまま
10 60年安保    渋滞に 後味悪いデモ行進 
11 松商短大へ赴任  信大退官 新たな教育の場へ
12 学長を勇退    時間に縛られない 夢を実現


「私の半生」は、「タウン情報」に掲載されたもの。聞き書き・佐藤文子氏

ホームへ戻る |  本文へ