香蘭荘主人

小岩井 孝


略歴

1932年(昭和 7年)10月13日東筑摩郡本郷村
           浅間温泉に生まれる
1951年(昭和26年)松本工業高等学校卒
1955年(昭和30年)日本大学芸術学部卒
1959年(昭和34年)東筑摩郡本郷村雇員
1981年(昭和56年)松本市退職 家業に専念
            長野県卓球連盟監査、
            長野県スケート連盟副会長、
            日本スケート連盟評議員等歴任
1999年(平成11年)長野県教育委員社会体育功労表彰
2003年(平成15年)松本日中有効協会副会長、
            長野県スケート連盟相談役、
             「ぼんぼん・青山様」伝承保存会長、
            日本温泉協会理事

目次

誕生    長男亡くし家族中から大切に
母の病気    治療の礼に父が夢二の絵を贈る
詩に熱中した父    同人誌活動でスパイ容疑に
世間の目    いったんは死も考えた母
松本工業高校へ    浅間でも卓球熱 部活に選ぶ
必死の受験勉強    赤点返上 日大芸術学部に合格
大学生活    クラブやサークル 多彩な交流
友人の姉さん    花札で勝って交際がスタート
深まる友情    何より大切だった仲間たち
10多美江と結婚    国体準備のさなか 思い固まる
11萩原氏後援会    国際卓球連会長をもり立てる
12冬季五輪招致    朝鮮統一チームでアピール
13日中交歓卓球大会    国交正常化直後 熱烈な歓迎
14アジア選手権    帰ると減給 妻には伝えず
15市役所を退職    旅館でふろ掃除や洗濯手伝う
16これから    やりたいことに取り組む日々を


「私の半生」は、「タウン情報」に掲載されたもの。聞き書き・佐藤文子氏

ホームへ戻る | 本文へ