松本中劇社長

藤本徳次


略歴

1920年(大正 9年)松本市生まれ
1933年(昭和 8年)尋常高等小学校卒業
         東京島村商店へ
1935年(昭和10年)藤本デパート
1943年(昭和18年)宮田製作所
1946年(昭和21年)松本中央劇場取締役
1970年(昭和45年)松本中央劇場取締役社長
        現在に至る

目次

商売家に生まれ  学校さぼって"活動屋"通い
藤本百貨店    母から学んだ商い 力入れて
戦時中の悲運   兄が戦死 出火の百貨店は廃業
召集令状     病気で免れ、軍需工場に就職
厚生課の仕事   映画や演劇で社員の士気高め
「中劇」開館   初上映は「わが青春に悔いなし」
鈴木鎮一氏の演奏 仲間で盛り立て「音楽院」創設
今井正監督    「良い映画を」独立プロに協力
映画友の会     夢に向かう熊井氏ら見守って
10 洋画に転換     看板やテレビ 観客動員に苦心
11 新しい映画館   興行マニュアル作り全国回る
12 見えた光明    洋画に関心 自らも”種まき”
13 加藤静一先生   アラブとの友好に努めた日々


「私の半生」は、「タウン情報」に掲載されたもの。聞き書き・佐藤文子氏

ホームへ戻る |  本文へ